2015-02-24

Sharing the exhiliration for life!


Front Page Image of Joy in Nature!

It’s just after dawn and I sit gazing at the wild, heaving ocean at Snapper Rocks near my home on the Gold Coast.
Surfing world champions pass by: Gabriel Medina, Stephanie Gilmore, Mick Fanning, Joel Parkinson… They are filled with excitement and 'stoke' as tropical cyclone Marcia kisses the tides, whipping up the endless rows of perfect waves.
The construction of the world surf tournament, the Quicksilver/Roxy Pro is underway, but the scaffolding looks puny and insignificant against the backdrop of crashing waves.
Competition or not - these surfers are driven by their soul's yearning to connect with the ocean - it has to be so, how else could you be driven to go back day after day, in sun, in rain, in cold, in heat, in wind... this life of surfing is more than a sport - it's following a spiritual path.
Yesterday, as the cyclone was moving down the coast - the kids were given the option of taking the day off school. Pacha rallied her friends together to meet at the place where they knew the high tide would send the waves over the breakwall where they could tuck under to simulate the feeling of a mighty wave crashing over them. Today the photo was on national news feeds with a caption alluding to the 'risks' of kids having fun in the surf. Later I heard that the photo had made it’s way around the globe.  
Pacha and her friends were showing the world how to live life to the full. Soaking in the exhilaration and power of the ocean and of the storm - humbly finding a way to interact without risking their lives. They intimately know the dangers and where to draw the boundaries - having observed and interacted with the conditions almost everyday for years.
I trust my children - and I trust life. They live in a world of extremities and somehow they have to find a way to survive and thrive, choosing a way fed by joy, not ruled by fear.
True soul surfers may be some of the best equipped humans to navigate the precarious time ahead – learning to be humble, to trust, to rely on their own strength and inner guidance rather than give away their power and reason to the directives of  ‘authorities’.  Nature is always the best guide. 
One of our most favourite places in the world - Snapper Rocks.

2015-02-23

選挙の時・・・

2015年1月29日掲載分

投票する価値ってあるのでしょうか?
昨日私は母と連れ立って今度行われる州議会選挙の立候補者集会に行きました。良かった点は集会所が100人を超える地元の人で満杯だったことです。ほとんどの人は50歳以上だったと思いますが。
一方で良くない点は、時間が経つにつれ、私自身が政治に対して冷めた気持ちになっていくのを感じることなのです。政治とは人をだまして皆が民主的な権利を持っていると信じ込ませる巧妙に仕組まれたゲームのようなもの、そして企業の利害を反映した大きな政党の政策を実現するためのものと思えて来るのです。

私は以前政治運動の価値を信じて緑の党の候補者として7回選挙に出ました。この地域にかつて無かったほど大いに盛り上がり創造的で情熱にあふれた素晴らしいキャンペーンを繰り広げました。でもこの経験から私が学んだことは、選挙というものは最良の候補者や最良の政策を選ぶものではなく、宣伝に一番お金を使うことができる候補者が勝つものなのだということでした。そのお金はどこから来たかは問われずただ多ければ良いのです。私たちはお金が無いなりに最善を尽くしました。独創的なマーケティングによってメディアの注目を集めたり、草の根運動で地域の家を個別に回りメッセージを伝えようとしました。しかしながら、結果は見るに堪えないものでした。

今回、集会での候補者6人によるパネル討論で彼らを観察し話を聞いていて私はほとんど打ちのめされそうになりました。誰もが皆「成長」と「発展」、そして「自由貿易」と「技術的解決」などと同じ言葉を口にし、さらに地域の問題には、対立をあおるかのようにモスクを建てさせないとか迫害されたキリスト教徒を守るという話をするのです。私はより良い世界を築いていくための考えを聞きたかったのです。候補者たちの誰かが持続的な未来の実現を前向きに語るところを見たかったのです。「これ」や「あれ」や「あいつら」を阻止するなどいう話ではありません。

しかし、それ以上に最悪なことは私の内なる敗北感や絶望という感覚にあるのです。どうして私自身の心の中をはっきりと簡潔に語ることができないのでしょう。自分の言葉はうぶで世間知らず。こういう世相の中ではもう受け入れられないのかもしれません。私のような世界観はもう通常の学校教育の環境からは取り除かれてしまっているのでしょう。そして「はみ出してはいけない」、という皆が感じる圧力が資本家達に寄与する消費主義の促進手段として機能している、そういう思いやりのない社会となっているのでしょう。


もちろん私はこの週末に投票に出かけます。そしてもちろん緑の党(彼らは時々ありきたりな政治用語を駆使しすぎることはありますが)に投票します。しかしながら私はそれ以上の何かを求めているのです。もっと深くもっと意味ある何かを・・・いつかそれが実現すればいいのですが・・・。

【翻訳】中久保慎一

2015-01-30

2015年〜謙虚さと共に

2015年1月4日掲載分

「時が来た。声を落とし、機械的な振る舞いを地球のいのちのプロセスに押し付けるのを止める時が。支配、命令、強制、制圧するという衝動に抗い、全生命の拠り所である大きなコミュニティーの導きに実に謙虚に従い始める時が。」 トマス・ベリー

また一年が終わり、新たな年が始まった事をカレンダーが教えてくれています・・・

私の愛情と幸せを願う気持ちは、この地球中の友人たちに向けられています。優しい心を持ち、理にかなった世界を作ろうとしている、平和と癒しをもたらすためにできることをしている友人たちに。
2015年も良い年に!

ニュース報道は、驚天動地の現実(巻きこる異常気象、うなぎ上りの絶滅率、悪化する社会的格差)と、くだらない戯言(誰も大きなお尻を気にしてないでしょ?)を並べてごちゃ混ぜにしたものばかり。

この日記を読んでいる多くの人と同じように、私は(あらゆる種類の)情報を受け取り過ぎていて、適切に処理できないし、行動を起こしてみても自分の小さな行いなど無益だという感覚を振り切れません。例えば、毎日行くビーチで、小さなプラスチックのゴミを両手いっぱい拾っているのに、他にどれだけたくさんあるのかしらと想像せずにいられません。至る所で、歩く人誰もが、新しい水のペットボトルを持っているようで、個人個人が変わるようにするのは、ちょっと無理なのではと・・・

現在の環境ムーブメントや環境政治活動は、私たちが直面している恐ろしい現状を作り出してしまった構造と支配的思考パラダイムにしばられていて、それを若干の嫌悪感をもって見ている自分を否定できません。それでも、あちこちで最善を尽くしている運動家たちに感謝しています。ただ、私はどうしても同じことを何度も何度も繰り返すことには耐えられません。また、これを「仕事」としてすることも、まず無理でしょう。ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ と共に活動し、ローカル化ムーブメントに取り組むことが一番納得がいきます。また、少し「踏みとどまり」、家族を優先する方法を学んできています。

自然や海が近いとは言え、街に暮らしていると気持ちが落ち着かず、行き交う車や大看板、ショッピングセンターのネオンライトに心を乱されます。そして、子供たちは「モノ」に誘惑され、挑発されています。

母と暮らすのは素晴らしくて、思うに、私たち全員が驚くほど、とても上手くいっています! 気の向くまま朝食や夕食を共にして、テレビの陽気なコメディーを一緒に観て、世界中にいる家族と「スカイプして」、学校での事や最近の政治の「時事問題」を話し合う。私たちは本当に恵まれています。

それから、彼女の健康「問題」のどれもが改善してきたようです。彼女はジムで運動し、働き蜂のように忙しくして、時間もエネルギーもいつも他の人と分かち合っているのです。なんと感化されることでしょうか!

私たち家族はみんな健康に恵まれています。パチャとヤニは、あふれんばかりの活力と精気で輝いています。
彼らの輝きに浸り、エネルギーを充填。また同時に、私は、(出来れば)彼らを正しい方向へ導くため、彼らにおいていかれないようにしています。

だから、この暮らしに深い感謝の念を抱きつつ、みなさんに友好と感謝の気持ちを送ります。私たちがこの美しい地球(ほし)にいられるうちに、心からの平和と人生の明確な意味を見いだせるように、この祈りを分かち合いつつ。

愛を込めて


アンニャ

【翻訳:沓名輝政】

2015-01-29

Election time...



We joined the call to protect our local area from a casino/cruise terminal...
Is it worth voting?
Yesterday, my Mother and I went along to a meeting of candidates for the upcoming state election.
The good news was that the hall was packed with over 100 locals - though mostly over the age of 50.
The bad news is - as time goes on I find myself more and more cynical about politics - a quaint little game to fool people into believing they really have some democratic rights - with the major parties policies and actions dictated by corporate interests.
I did believe in political action -  ran as a candidate for the Greens political party 7 times - in some of the most successful campaigns ever seen in this area, full of enthusiasm and creativity and passion. Through this experience, I learnt that the election was not about the best candidate, or the best policies - but about who had the most money to pay for advertising. It didn't matter where that money came from - as long as you had it. We did the best we could with no budget - creative marketing to try to get media coverage and grassroots campaigning from door to door to attempt to communicate a message – but it was hard to see a real result.
Watching and listening to this panel of 6 candidates, I felt almost physically repulsed. It was the same talk about 'growth' and 'development', 'free trade' and 'technological solutions', it was talk about polarising local issues - stopping mosqes and 'protecting persecuted Christians'.
I longed to hear a vision of a better world, I yearned to hear someone, anyone - present a positive vision of a sustainable future instead of stopping 'this' or 'them' or 'that'.
But worst of all was my own feeling of defeat and despair - why can't I articulate clearly and succinctly what I know in my heart - the words seem naive and no longer even able to be heard in the current atmosphere. My perception of the world has been dismantled from the conditioning of conventional schooling and the pressure of ‘fitting in’ to what I now know is the engine room of consumersim for a capitalist, heartless society.
Of course I will go along to vote this weekend. And of course I will vote for the Greens (despite feeling that they sometimes try too hard to speak the language of conventional politics) – but I long for something more. Something deeper and more meaningful…hopefully it will come…
Making the most of the present - following Pacha around on her surfing adventures!

2015-01-04

2015 - the year of humility?



"The time has come to lower our voices, to cease imposing our mechanistic patterns on the biological processes of the earth, to resist the impulse to control, to command, to force, to oppress, and to begin quite humbly to follow the guidance of the larger community on which all life depends."


Thomas Berry

The calendar tells us that another year has passed and we are beginning a new one...
My love and best wishes go out to my friends around the planet - kind hearted humans trying to make sense of the world - doing what they can do to bring peace and healing. Welcome to 2015!

The headlines are full of the same mixture of earth shattering reality (as climate chaos ensues, extinction rates soar and inequality escalates) juxtaposed with the most trivial nonsense (who really cares how big some butts are?). 

Like most of you reading this - I get too much information (of all kinds) to properly process and that lingering sense of futility in the tiny actions I take in response. Like picking up handfuls of little plastic rubbish pieces on our daily beach visits - yet I can't help imagining how much more there is out there, everywhere and how every person who walks by seems to have a new plastic water bottle...just can't seem to make an individual change...

I find myself slightly repulsed by the environment movement and even green political movement - constrained by the structures and the dominant paradigm thinking that got us to this frightening place, yet still feel grateful to the campaigners out there trying their best. I just don't have the heart to do the same thing over and over - and could never do this as a  'job'. Working with Helena Norberg Hodge and the localisation movement seems to make the most sense - and I've been learning how to 'hold back' a little and prioritise my family.


Living in the city, despite being close to nature and the ocean, has rattled me...distracted by traffic and billboards and neon lights in shopping centres -the children tempted and taunted by 'stuff'.
It has been wonderful to live with my Mother and I think we've all been surprised about how well this has worked out! Sharing spontaneous breakfasts and dinners, watching light hearted comedies together on TV, 'skyping' family members around the world, sharing stories from
school and the latest political 'issues' - this has been a real blessing for us all.


And it seems that every health 'issue' has improved for her - as she works out at the gym and is a constant hive of activity - always sharing her time and energy with others...what an inspiration!
We have all been blessed with good health. Pacha and Yani glow with exuberance and life spirit...I 

bask in their glory and am fuelled by their energy - even as I nip at their heels to (hopefully) guide 
them in the right direction. 

So, with a deep sense of gratitude for this life - I send my goodwill and thanks to you, sharing this prayer to find deep peace and clarity of purpose in the time we have left on this beautiful planet...
Love, 
Anja



2014-12-09

ある裸足族の挑戦

2014年12月1日分

先週のことですが、地元のショッピングセンターで2人の警備員に呼び止められました。私の裸足の足を見下ろして彼らは言いました。「悪いんだが、裸足のままここに入れるわけにはいかないんだ。」

そうなんです!この消費主義の神殿では、そのピカピカで清潔極まりない床に素足の肌で触れてはならないのです。

私は、おかしくって、裸足で歩くことがどんなにいいことか教えてあげようかと思いました。誰かがつま先をぶつけるか何かしてショッピングセンターを訴えようとしたとか、きっとそんな理由でこんなルールが出来たのでしょうから、その馬鹿馬鹿しさを教えてあげようかとも思いました。でも、そこで議論しても無駄だろうと気づいてしまいました(彼らのはいている、おそらくはスチール入りの安全靴を見ながら)。だから、満面の笑みを浮かべ、クスクス笑いを隠しきれないままを立ち去りました。別の入り口を探しに(もちろん警備員のいない)。その間ずっと考えていたんです。人間という生き物がどれほど自然から遠ざかってしまったのかを。そして、それ故に私たちがどれほど傷ついているかを。

私は裸足になるのが大好きです。世界とのつながりを感じられるからです。足の指をくねらせたり、曲げたりでき、足下の大地を軽くつかんだ時にはその感触や温度を感じることができる。この素晴らしい自由さを味わうのです。砂浜を裸足で走るのは格別です。やわらかな砂が、キュッと音を立てて踏み固められ、水際では冷たくシャキッとした海のしぶきがつま先に触れます。時には、感覚をもっと研ぎすますために目を閉じて走ることもあります。足下の感覚は、私を満たしてくれる朝日のぬくもりと重なっていきます。なんという至福の時でしょう!

移動生活を営むペナン族の人々と共にボルネオの森を歩いた時の、彼らの足の美しさを思い出します。彼らの足の指は、滑りやすい山の傾斜では、大地をつかむことができるように大きく広げられ、彼らの足の裏は、ジャングルのほとんどの植物のトゲが刺さらないほどに硬く、その一方で、冷たく柔らかな蛇の体を足下に感じた瞬間に「飛び退け」というメッセージを発することができるほど敏感でした。彼らは、太古の森を音もなく歩を進め、大地に下ろすその一歩一歩は、瞑想をもって敬意を示すかのように優しげでした。

私たちが「買うべき」靴には、特に健康のため、というものがありますが、そういう宣伝を見ると思わず笑ってしまうことがあります。なにしろそういう靴はとんでもなく高価で、そのくせ長期的には悪影響の方が大きいことが分かっているのですから。私の母が若かったころはもっとひどく、細く尖ったハイヒールという拷問具にデリケートなつま先を詰め込んでいたせいで、彼女のその後の人生には痛ましい後遺症が残されました。ですが、世の中は少しずつ変わっています。「裸足主義」のメリットを広めようという団体が世界中にあります(例えば、http://www.barefooters.org/ )。私の友人でもあるテリー双葉さんは京都で「はだしで歩こう会」( https://www.facebook.com/groups/203256943206739/?ref=ts&fref=ts という活動をしていますから、ナマケモノ倶楽部を愛する人の中にも裸足族はいます。

裸足で歩くって、とても簡単なことです。お勧めします。たまに文化的なタブーをおかすことや誰かが勝手につくったルールをやぶることになるかもしれませんが、靴から解放された時を過ごしてみてください。

【翻訳】宇野真介

高校の同窓会 もう30年!

2014年11月17日分

なんだか幽霊がざわめく部屋に踏み込んだようでした。そこには、1984年に高校を卒業した同級生たちが集まっていました。私たちのほとんどは(多分ですが)、お互いを覚えていませんでした。みんな胸元の名札の文字を目を細めて読もうとしていましたから。だいたい、私たちの歳になると、あの文字自体小さすぎて見えません。大声で語り、笑う人々の声と大音量で流れる昔の曲を聞きながら、オロオロ、ウロウロしているうちに、少しずつ学校生活のハイライトを思い出していきました。

私はこの同窓会に高校時代の(そして今でも)親友のスザンヌと一緒に出席しました。なんと名誉なことでしょう。長年にわたって、そのほとんどを遠く離れて暮らしてきたにもかかわらず、親交を保ち、互いの人生を見守ってこれました。そして、自分たちの心に正直であることができ、信じるものを追求し人々の助けになることができたということにも心から感謝しています。私たちは、少しお酒がまわってみんながリラックスするのを待ちたかったので、わざと少し遅刻して会場に到着しました。出来る限りの心の準備をしていったのですが(高校時代の古い写真見たり、Facebookで人探しをしたりして)、それでもなんだか現実離れした感じは否めませんでした。

それでも、全体として競争めいた雰囲気がなかったことは新鮮でした。10周年の同窓会だったとしたら(もしかすると20周年の同窓会でさえ)、職業や収入、「成功」、もしかしたら外見(!)さえもが、もっと大事なことのように思えていたかもしれません。ですが、ごった返す会場でつまんで回った手短な会話では、何をしているかとか、何を成し遂げたかといったことではなく、子どもがいるかとか(熱烈な子ども談義が続くこともあります)、どこに住んでいるかとか、そういったことが話題になりました。それから、最終学年を共にした、いつも壁際で傍観するだけだったシャイだけれども聡明な友人が同窓会の主役になったことは喜ばしいことでした。国際的なコメディアンとしてキャリアを積んだ彼女は、私たちの中では、社会一般で最も「成功」した人だったのではないかと思います。

私はどんな風に同級生たちの記憶に残っていたか、というと、(多分良い意味で)いつも何かの運動に携わっている人、自分の信念と道義を貫く人、そして学校のミュージカルの主役、そんな感じです。私を選挙に勝たせようと熱心に投票したことを話してくれる同級生もいましたが、彼らは、もっと出来ることがあったのでは、と後悔しているようにも見えました。そして、私自身も、またもや、モヤモヤした罪悪感を感じていました。効果的に「変化」を生み出すために十分努力してこなかったし、今でも出来ていない、という罪悪感。この目を見開いて、とどまることを知らない地球と人類の文化の破壊をこの30年間見てきただけだという罪悪感。

同窓会で集った私たちは、芯の部分では昔のままでした。親切で優しい人、賢いけどオタクっぽい人、表向きは自信たっぷりに振る舞う人、運動が得意な人、手際よくとりまとめをする人(そういう人無しにはあの同窓会自体ありえなかったでしょう!)。30周年の同窓会は、なんだか死期を間近にした時行う禅の修行のようにも思えました。どう生き何をなした人生だったのか、どんな人たちと出会い、どんな経験や選択をしてきたのかを考えるような、つまりは私という人間の総体を振り返る集いだったように思います。そして、全体としては、私は満足しています。次の30年がどんなことになるか、楽しみです!

【翻訳】宇野真介